ヒロハタテンマングウ

広畑天満宮

◎学問の神様◎

079-236-0853

  • 詳細情報
  • 基本情報

●当宮の創祀の日は詳かではありませんが、霊泉「御水が池」の畔にお祀りしていた境内末社広辻神社が最も古い社で901年菅原道真公が九州へ御西下の途中、高浜に上陸され人々は公の御人格と御神格を深く敬仰し、中世、天満大神の御鎮座を仰ぎ幕末御水が池の半分埋め立浄地を造り祠字を改め今の御社殿を造営申し上げました

西参道

西参道

司馬遼太郎氏 文学碑

司馬遼太郎氏 文学碑

広畑天満宮

詳細情報

【廣畑天満宮】
■御祭神
・天満大神(菅原道真公)
・蛭子大神
・春日大神

■境内末社
・大年神社(大年神)
・広辻神社(広辻大神)
・琴平神社(大物主神)
・八幡宮(品陀別命・息長帯姫命・比売姫)
・厳島神社(厳島姫神)
・太古神社(射目崎神)
・龍神社(水波能女神)
※外境内に氏子の戦没者を祀る忠魂碑があります

●境内にある司馬遼太郎氏の文学碑の文面
 祖父惣八は、播州人である。
 兵庫県姫路市の浜寄りの郊外の広という村の出身で、そこに江戸時代のあいだずっと百姓をしていた家系に生れた。戦国のころは播州三木城にその先祖が篭城したという事であるが、身分はわからない。「歴史と小説」より

一、由緒概記
当宮の創祀の日は詳かではありませんが、霊泉御水が池の畔にお祀りしていた境内末社広辻神社が最も古い社で、霊亀元年(西暦715年)には既に御鎮座になっていました。
降って延喜元年(西暦901年)菅原道真公が九州へ御西下の途中、高浜の汀に上陸せられ、爾来当地の人々は公の御人格と御神格を深く敬仰し、中世、天満大神の御鎮座を仰ぎました。

一、主な祭日
1月
 1日 歳旦祭
 3日 元始祭 並 翁面掛式
 10日 蛭子祭
 25日 初天神祭
2月
 11日 紀元祭
 17日 祈年祭
 19日 厄除祭
 25日 梅花祭
3月
 春分 春季皇霊祭遥拝
 25日 春祭(御祥當祭)
4月
 25日 春日祭
 29日 昭和祭
6月
 30日 水無月大祓式
7月
 25日 夏祭(千燈祭)
9月
 秋分 秋季皇霊祭遥拝
10月
 15日 秋祭 並 広畑製鐡所創業記念祭 広辻神社例祭
 17日 例祭 並 神嘗祭遥拝 ※神幸祭
11月
 15日 七五三祭
 23日 新嘗祭 並 忠霊祭
12月
 31日 師走大祓式 並 除夜祭

一、祈願受付 毎日午前8時頃から午後5時頃まで
初宮参り・自動車清祓(交通安全)・厄除・家内安全・安産祈願 等 の御祈願、地鎮祭・竣工祭 等 出張祭典御奉仕致します。

御祈願等日時については御連絡頂けると幸いです。

広畑天満宮 詳細情報

広畑天満宮 基本情報

掲載名 広畑天満宮
フリガナ ヒロハタテンマングウ
電話番号

079-236-0853

※お問い合せの際、「iタウンページ」を見たとお伝えになるとスムーズです

FAX番号 079-236-5407
住所 (〒671-1112兵庫県姫路市広畑区北野町2丁目3
アクセス

◆鉄道

JR山陽本線・英賀保駅徒歩10分

山陽電鉄線・夢前川駅徒歩10分

◆その他

夢前川駅北へ(夢前川沿いを北上)

駐車場
クレジットカード お取り扱いしておりません
URL
E-mail
営業時間 年中無休
休業日

広畑天満宮 基本情報