イワシミズハチマングウ

石清水八幡宮

◆八幡御神矢で厄除開運
◆神前結婚式
◆その他、地鎮祭

075-981-3001

  • 詳細情報
  • 基本情報

当宮では八幡大神の御神徳に依り
厄除開運・家内安全・商売繁盛・社運隆昌・必勝・安産・交通安全・受験合格などの
ご祈祷をご奉仕致しております。詳細等は当宮社務所までお気軽にお問合せください。

石清水八幡宮神前挙式

石清水八幡宮神前挙式

由緒ある御本殿において挙式が斎行されます

由緒ある御本殿において挙式が斎行されます

1150年を超える歴史…石清水八幡宮で新しい門出を

1150年を超える歴史…石清水八幡宮で新しい門出を

石清水八幡宮

詳細情報

―“やわたのはちまんさん”の名で親しまれる石清水八幡宮―

平安時代始めの貞観元(859)年南都大安寺の僧・行教律師は豊前国(現・大分県)宇佐宮にこもり日夜熱祷を捧げ、八幡大神の「吾れ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との御託宣を蒙り同年男山の峯に御神霊を御奉安申し上げたのが当宮の起源です。
八幡大神は男山に御鎮座され、都の守護神、国家安泰の神として朝廷は元より広く国民に篤い崇敬を受けてまいりました。
特に清和天皇の嫡流である源氏一門は八幡大神を氏神として尊崇し、その信奉の念は格別で全国各地に八幡大神を勧請しました。
源義家は石清水八幡宮で元服し自らを「八幡太郎義家」と名乗ったことは有名です。

以来、厄除開運の神・勝負必勝の神として崇敬されてきました。
とりわけ当宮の厄除信仰の歴史は古く、今なお全国屈指の厄除の神社として新春の厄除大祭を始め年間を通し参拝に訪れる方々は跡を絶ちません。
「世は変われども神は変わらず」八幡大神の御神徳はまさに広大無辺であります。

【御祭神】
・中御前 応神天皇(第15代) 〔誉田別尊〕
・西御前 比め大神 〔多紀理毘賣命・市寸島姫命・多岐津比賣命〕
・東御前 神功皇后 〔息長帯比賣命〕

【ご祈祷】

◇厄除開運祈願(前厄/本厄/後厄/年男/年女)
厄除参りの習わしは各地域・神社によって様々です。
当宮では、八幡大神の霊力の象徴である「八幡御神矢」を受け、
「厄除開運祈祷」を受けるのが古くから最も丁寧な厄除参りの習わしとされてきました。
但し受ける順番に決まりはありません。

◇家内安全祈願
◇商売繁盛祈願
◇社運隆昌祈願
◇安産祈願
◇初宮参り祈願
◇七五三詣祈願
◇十三参り祈願
◇必勝祈願
◇交通安全祈願
◇受験合格祈願
◇祝歳参り祈願

※ご祈祷の受付は毎日午前9時〜午後4時まで(正月期間は変動あり)
 祈祷受付所(御本殿に向って右側)にて受付しております。
 ご祈祷のご奉仕は受付後随時行っております。
 ご予約等は承っておりませんのでご了承ください。
 尚、祭典・行事等によるその間お待ち頂く場合がございます。
 詳細等は当宮社務所までお気軽にお問合せください。

石清水八幡宮 詳細情報

石清水八幡宮 基本情報

掲載名 石清水八幡宮
フリガナ イワシミズハチマングウ
電話番号

075-981-3001

※お問い合せの際、「iタウンページ」を見たとお伝えになるとスムーズです

FAX番号 075-981-9808
住所 (〒614-8005京都府八幡市八幡高坊30
アクセス

◆鉄道

京阪電車八幡市駅より京阪ケーブル線・男山山上駅徒歩5分

◆車

京滋バイパス久御山・淀ICを降り国道478号から府道13号へ。八幡市駅ロータリー手前を左折

国道1号八幡一ノ坪交差点から八幡市駅方面へ。駅ロータリー手前を左折

駐車場
石清水八幡宮「一ノ鳥居」を過ぎてすぐ右側にあります。
クレジットカード
URL

祭典・行事など詳しくは当宮ホームページをご覧下さい

http://www.iwashimizu.or.jp/

E-mail
開閉門時間 ◆1月1日〜1月19日 不定期
◆1月20日〜3月31日6:30〜18:00
◆4月1日〜9月30日5:30〜18:30
◆10月1日〜10月31日6:00〜18:00
◆11月1日〜12月30日6:30〜18:00
◆12月31日6:30〜23:00
※1月1日は午前0時開門(詳細は当宮社務所までお問合せください。)
休業日

石清水八幡宮 基本情報